富士山に一番下から登ってみた話

夏休み、青春18切符を片手に1人、旅に出た。

大好きな何冊かの本と、何枚かの服だけをバックパックに詰め込んで。

 

大学2年の夏、漠然と旅に出てみたかった。

ハタチになる前に、旅に出なければいけないような気持ちに駆られた。

 

大人になっちまう前に冒険しておかないといけないんじゃないか。自分探しの旅だなんてくさいが、でもそんな感じだった。

 

8月20日、旅の始まりだ。いつ帰るかは全く決めないで旅に出た。9月16日に、hskがあったためそれまでには帰ろうという軽い気持ちでとにかく外に出た。

 

旅の始まりの舞台として富士山を選んだ。

7月に夜中高尾山に3回登っていた僕はすっかり自信がついてしまっていて、富士山も余裕で登れると勘違いしていた。

 

それも五合目から登るのでは強くなれない。そもそも五合目から富士登山することは虚構ではないか。

 

野球の試合を5回から始めるか?

俺は1回から始めたい。

だから1合目、よりも前の富士山駅から登ることにした。

 

f:id:dobunezumidesu:20181110232440j:image
f:id:dobunezumidesu:20181110232448j:image
f:id:dobunezumidesu:20181110232437j:image

おお、やはり中文は富士山に登る必要があったのか。中文は毎年麓から富士山を登ることを伝統にしよう。そんな話をしながら中文の先輩である斉藤さんと僕は歩いていた。一人旅とか言っておきながら、最初の2日間は偉大な先輩がついていてきてくれる。

#中文ファミリー
f:id:dobunezumidesu:20181110232434j:image

f:id:dobunezumidesu:20181110233021j:image

 

1合目までがまず長かった。

あいにくの雨が降ってきて、僕らの気分は少しナエトルだった。

 

f:id:dobunezumidesu:20181110235027j:image

1合目が始まる馬返しまでくると雨は土砂降りで僕達は小屋で休憩することにした。

#土砂降りの痛みの中を

#傘もささず走って行く

 

f:id:dobunezumidesu:20181110235800j:image

僕らは登りに来たという証拠をここに残した。

我们一定会再来的!とは、私達はまた必ずくるだろう!という意味だ。

 

とりあえず五合目まで行こうということになった。聞くところによると、そこに佐藤小屋という小屋があって、おそらく泊まることができるだろうとのこと。

 

土砂降り登山のためほとんど写真は取れなかった。

 

中文を変えるためにこれから何が必要なのかということを2年のキャプテンの僕と3年のキャプテン斉藤さんとで話し合った。

とにかく大事なのは縦の関係を作ることだということになった。

同期だけで盛り上がってるだけではだめだ。学年関係なく心を同期させなくてはならない。

ワクワクして動悸が激しくなってきた。

 

しかし、だんだんと疲れが見え始め会話が少なくなってきた。荷物が重いのだ、とにかく重い。1ヶ月家帰らなくてもいいようにと色んなものを入れた結果だ。

 

やっとのことで五合目につき、佐藤小屋に泊まれるかどうか聞くと、おっけーだった。ほっとした。さすがにもう先まで歩く気力はなかった。

 

f:id:dobunezumidesu:20181111004127j:image
f:id:dobunezumidesu:20181111004134j:image

ご飯まじで美味すぎて泣いた。このカレーまじで死ぬほど美味かった。これだけ食べに富士山五合目行ってもいいくらい。大袈裟じゃなく。
f:id:dobunezumidesu:20181111004130j:image

飯を食って外に出てみると晴れてて、景色と空気が本当に最高だった。

街から雲の上まで俺たち登ってきたんだなあって感動してた。

小屋では雪の富士山登山のビデオを見たり、小屋のおっちゃんと話したりで、心が安らいだ。

 

そういえば、ここの佐藤小屋にはWiFiが通ってた。

f:id:dobunezumidesu:20181111005521p:image

富士山WiFi、強そう。

高尾山の山頂にもWiFiあるし、まじで高尾山は日本の富士山だな。

 

早めに寝て、翌朝2時に山頂アタックを開始した。

f:id:dobunezumidesu:20181111005911j:image中文の夜明け
f:id:dobunezumidesu:20181111005920j:imageなんだろうこれ変な竜巻みたいなやつ
f:id:dobunezumidesu:20181111005907j:image御来光!高尾山とはレベルが違う!
f:id:dobunezumidesu:20181111005904j:image神々しい、やっぱり富士山はすごいエネルギーだ。
f:id:dobunezumidesu:20181111010028j:imageこんな道をひたすら登り続ける。一歩一歩踏みしめるごとに強くなっていく実感があった。できっこないをやらなくちゃだ、この時俺はできっこないをやらなくちゃを連呼していたような気がする。

#どんなに打ちのめされたって

#悲しみに心を任せちゃだめだよ
f:id:dobunezumidesu:20181111005917j:image

なんとか登り切った。中文の変わる音がした。

学年を越えた中文、中文は最高のコースだよ。

 

f:id:dobunezumidesu:20181111012724j:image

小屋に戻りまた絶品カレーを頂いた。

ああ、もう一度食べたい。

 

さすがに足の限界で五合目からはバスで下った。本当にいい旅の始まりだった。

旅の一発目にこのできっこないに挑戦してよかった。

 

2ヶ月以上たった今思うことがある。

本当の富士山登山って海抜0メートルから登ることじゃね?

実は富士山駅は標高700メートルくらいある。

来年、海抜#3776ルート挑戦する。

 

ピース。