高雄一人旅2日目

火曜日の朝9時半に目が覚めると、僕はとにかく西子港駅に向かった。

 

f:id:dobunezumidesu:20181206135245j:image美丽岛駅から3駅
f:id:dobunezumidesu:20181206135300j:imageギンギラギンにさりげない世界が広がっていた

 

途中でおばあさんに話しかけられ、仕事してる姿を写真に撮ってくれというよくわからないお願いをされて、まあ断る理由もないので快く応じた。

写真を10枚ほど撮ったあと、どこにいくのかと聞かれたので、山に登りに行くんだと答えると、タクシーを使いなよと言われた。

俺は今日は歩くんだと行っておばあさんと別れた。

f:id:dobunezumidesu:20181206135420j:image

歩いていると国立中山大学が現れた。

デカい。てかめちゃくちゃいいところにキャンパスあるんだよな、ほんとに。海と山に囲まれてるこんなかっこいいキャンパスなかなかなくないですか?
f:id:dobunezumidesu:20181206135414j:image天然要塞のキャンパスで「台湾一のキャンパス」と言われているほど。

f:id:dobunezumidesu:20181206135249j:image

「とりあえず生で」

台湾の奶茶本当に美味すぎる。

いや、わかってたことなんだけど。

最近、インスタグラムのストーリーにタピオカミルクティーを載せる女子大学生を軽蔑していた節があったが、これからもどんどん載せて欲しい。俺にもっとミルクティー情報を教えてくれ。

タピオカミルクティーを載せることがお前らの“ストーリー”なのか?なんて煽っていた俺が馬鹿だった。ミルクティーは立派な“物語”だ。

f:id:dobunezumidesu:20181206141511j:image

高雄山は現在柴山という名前で親しまれている。高尾山が好きすぎて、台湾の高雄山に登っちゃった、てへぺろ♡というネタがやりたいがために、台湾に来た節がある。つまり、この登山を僕は成功させなければならない。

と、思った矢先、野生の猿が現れた。

f:id:dobunezumidesu:20181206135352j:image
f:id:dobunezumidesu:20181206135257j:image

f:id:dobunezumidesu:20181206142554j:image

そういえば、日本で下調べをしていたときに、猿がめちゃくちゃいるということを読んだことを忘れていた。

やばい、猿めちゃくちゃいる。

尋常じゃない数の猿が俺を見ている。

f:id:dobunezumidesu:20181206142754j:image

バナナのコスプレをしていなくてよかった。

もし僕がバナナ姿だったら忽ち、猿に囲われ四面楚歌となってしまうだろう。

猿はこちらを見てくるが、いぶし銀な顔で、何もしてくることはなく、ただ仁王立ちしているだけだった。

日本の高尾山にもさる園があるが、台湾の高雄山は自然のさる園なのである。

それにしてもこんな数の猿がいて、人間が僕一人だけだと不思議な気持ちになってくる。

あれだ、猿の惑星だ。見たことないけど

猿が、無能の人間を滅ぼし、俺一人だけ生存してしまったかのような錯覚。

f:id:dobunezumidesu:20181206143628p:image

Googleマップだけを頼りに、ただ一人狭い道を登っていく。本当に誰にも会わない。猿しかいない。

f:id:dobunezumidesu:20181206143719j:image

シャムキャッツを聞きながら、僕はよくわからぬまま歩いた。

f:id:dobunezumidesu:20181206135345j:image
f:id:dobunezumidesu:20181206135044j:image
f:id:dobunezumidesu:20181206135359j:image
f:id:dobunezumidesu:20181206135406j:image

一応登りきると、そこにはだだっ広く開けた場所があった。

山頂の標識も何もないし、誰もいないし、違うかもしれない。

でも僕はここを山頂とした。

高雄港を渇望できる眺めはかなりよかった。

急にポケモンシェイミを捕まえた場所を思い出した。なんでかはわからないけど。

さて、ここからが下山。

登山道を引き返すのではなく、違う道で下ることにした。さて下っていると、バイクに乗ったおっさんが話しかけてきた。

たぶん「後ろ乗ってくか?」って聞いてる。

実際かなりの時間歩いていたので、疲労はたまっていて、この異世界から離れたいという気持ちがあったので、遠慮せず乗ることにした。

人生ではじめてバイクに乗せてもらった。

綺麗なお姉さんに乗せてもらってたら完璧だったんだけどな(イエスマンの影響)

さて、一気に下るとなんとそこには軍隊基地が待っていた。

おっさんは僕を下ろし、そのまま去っていった。

おっさんはなんか説明してくれたが聞き取れない。

そろりそろり通ろうとすると案の定軍人に尋問された。

「写真撮ってないか?」

山の写真は撮ったが、基地の写真は撮ってないので、没有と答えた。

名前と電話と滞在先の住所を書かされた。

山を登っていたんだと言うと、

「どこから登ってきたんだ」と聞かれ、

西子港と答えればいいものをなぜかパニクって「海」と答えてしまった。

海から出てきたやばい人間になってしまった。

おそらくあっちは僕のことを基地外認定し、基地の外に出してくれた。

f:id:dobunezumidesu:20181206145852j:image

ゲストハウスに戻り、ミルクティーを飲みひと休憩した。このミルクティー台湾に来てから飲んだ中で1番美味しい。

 

それから僕は台湾のエニタイムに行って筋トレをしてきた。

11月の初めにエニタイムに登録したのは、12月に台湾で筋トレをするためだった。

ミルクティーで甘えているこの身体にムチを打たなければ弱くなってしまう。

f:id:dobunezumidesu:20181206150016j:image

f:id:dobunezumidesu:20181206135409j:image
f:id:dobunezumidesu:20181206135100j:image

台湾美人をチラチラ見ながら、肩トレをすることにした。とはいっても、ショルダープレスくらいしか肩はなかったので、全身をやることにした。

最後はひたすらサイドレイズをして、肩をいじめ尽くした僕は満足し、プロテインを買いにコンビニに行った。

 

ない。

プロテインがない。

ミルクティー風味のプロテインがない。

 

仕方ない。牛乳だ。

プロテインにすぐ頼ろうとしちゃだめだ。

牛乳いっぱい飲めば強くなれる。

f:id:dobunezumidesu:20181206135252j:image

ゲストハウス近くのお店で牛飯

ここ味噌汁飲み放題でボリュームもすごくて、それで300円くらい

地球の歩き方に学生がよく使うと書いてあっただけのことはある

 

このあと夜市に行っておばさんに報告し、2日目は終わった

 

三日目に続かない