やるか逃げるか

やるか逃げるか。

ブルーハーツで最近ハマっている曲だ。

正直、最近はつらいことだらけだ。AV男優もメンズエステの経営もベーシックインカムシネマズのクラウドファンディングも全部頑張らねばならない。

もっと自由に旅をして本を読んで映画をみて音楽を聴いてっていう人生を送りたいんだけど、どうやらそういうわけにはいかないみたいで。自由になろうとすればするだけ、俺はどんどん不自由になっている気がする。

一年前だったら、「明日北海道行こうぜ」と言われたら一瞬で航空券を取ることができた。実際に大学のコースのやつらと一週間おきに沖縄に行ったり、北海道に行ったり、そして昼間っから酒を飲んで風俗に行った。

今の俺はどうだろう。常に何かに迫られて、誰かと会い続けて。もちろん毎日刺激的だし、ありえないくらいの経験をさせてもらっているし、こんな俺についてきてくれる人がたくさんいて、俺はその人たちを失望させないために必死で頑張っているつもりなのだけど、その頑張りが果たして正しい努力なのかもわからなくてたまにどうしようもなくなって全てを投げ出したくなって、もう何もかもどうにかなっちまえって一瞬思ってしまうこともあって。だけどもうサイは投げられていて、ボートを俺は自分で漕ぎだしてしまって、もう自分でオールを漕がなくても、そのボートは止まることなくどんどん前に進んでいく。それが自分の意思通りではなくとも。

昨日まで二日間大学の友達たちと草津に行ってきて、一年前のことを思い出さないわけにはいかなかった。やることなんてほぼなくて適当にだらだらと本を読んで音楽を聴いていたばかりのあの頃の何者でもない俺。誰の目にも止まらずにただただくだらないブログを書き続けることができた俺。あの頃の俺はもういないのか。いや、俺は無理やり封印しているのだろう。本当はもっと何もせずに思いつきだけで生きていきたいのだろう。昼間っから酒を飲んで、風俗に行って、適当に生きたいのだろう。何者でもなかった自分がトントン拍子で何者かになっていて、誰かに必要とされていて、たくさんの人にたくさんの場所に呼んでもらって、俺はめちゃくちゃ幸せなはずなのに、たまに何者でもなく何者かになろうと足掻いていたあの頃の自分が羨ましくなったりする。一体どうしてなんだろう。なんでなんだろう。バイトとサークルと授業の話で盛り上がっている友人たちを見ながらなんだか泣きたくなってしまう。この感覚はなんなのだろう。最近GO三浦さんの『言語化力』を呼んだばかりだけどなかなか言語化できない。結局いつまでたっても隣の芝生は青くて、自分が正しいかどうか心配でならないのだろう。みんな俺のことを突き抜けててまっすぐだっていうけど、それは勘違いだ。俺はブレブレで卑屈で割とどうしようもない人間だ。だけど、生きるしかないし、こうやってブログを書いている間にも携帯が何度も明るくなって、対応しなきゃいけないことがたくさんある。南の国に行って日焼けしに行きたいけどそんなわけにはいかないし、今はそんな時じゃない。まだだ。とにかく今は目の前のことを必死にやって、とにかく生きることだ。死んだらそれでさようならだ。やるか逃げるかだ。答え合わせはずっと先だ。